わたしのアクション

衆議院予算委員会 初質問 「LGBT 性的マイノリティについて」

【 Jが報告 】

池内議員は、3月5日に衆院予算委員会にて初質問に立ちました。

20150305024389

池内議員の初質問後のコメントを紹介します。

「昨年の総選挙で、比例東京ブロックから日本共産党3議席目として送っていただいた国会です。

初質問でどのテーマを取り上げるか大変悩みましたが、自分に向き合うと、やはり「差別を許さず、少数者が不当に社会の隅に追いやられる状態は我慢ならん」という思いが湧き上がり、いわゆるLGBT(性的マイノリティー)の人権問題を取り上げました。

2015030502438820150305024389

選挙中に私が当事者から聞いてきた言葉はもちろん、保守的な空気充満する故郷で育つ過程で私自身に内面化されたジェンダーのもと自分自身が苦しんだ経験などを改めて振り返り、出会ってきた当事者の皆さんの思いや、私自身の憤りをギッシリ詰め込んで質問を書き上げました。

質問を視聴してくださった多くの皆さんから、ツイッターやメール、電話などで激励をいただきました。私は皆さんの声に触れ、改めて国会に送っていただいたこと、皆んなの声を拠り所に活動することの「ズシリ」と重い意味を、噛み締めています。  

これからも頑張ります。よろしくお願いいたします。」(池内さおり衆議院議員facebookより)

 

委員会室で、ドキドキしながら池内さおり事務所スタッフは傍聴していました。

初質問とは思えないほど、堂々と質問する池内議員の姿に質問が終わった直後、顔を見合わせた池内議員とガッツポーズ!を交わしました!!

これからも、池内さおり事務所スタッフは、全力で池内議員をサポートしていきます。

             (スタッフ) J イラスト⑤  

 

 

 

 

 
                

リンクはご自由にどうぞ。 各ページに掲載の文書・写真などの複製・転載については、必ずご連絡くださるようお願い致します。
© 2015 - 2017 Saori-Ikeuchi Official Website.