わたしのアクション

「UR(独立行政法人都市再生機構)賃貸住宅の家賃問題」について

【 Jが報告 】

池内議員は、3月25日衆議院内閣委員会で「UR(独立行政法人都市再生機構)賃貸住宅の家賃問題」について質問しました。

「UR(独立行政法人都市再生機構)賃貸住宅の家賃問題」

質問後の池内議員のコメントを紹介します。

「UR住宅は、「住宅セーフティーネット法」で安心して住み続けるための公的賃貸住宅と位置付けられています。UR調査で、65歳以上の居住者が2000年21・3%から10年35・4%に増加、同じく世帯総年収300万円以下が25%から32%に増えています。

高齢化・低所得化が進行する下で、住み続けるためには、低廉な家賃であることがポイントです。

UR団地自治会でつくる全国公団住宅自治会協議会の居住者アンケートで72・6%が「家賃負担が重い」と答え、家賃値上げなどへの不安が65・1%にのぼっています。家賃軽減措置を「公費で実施することを検討」するとした閣議決定(13年12月)に、軽減措置を拡充する方向が含まれていない重大な問題が明らかになりました。 引き続き、取り組んでいきます!

(池内さおり衆議院議員facebookより)」

みなさんが、安心して住み続けられるように、この問題についてこれからも池内さおり事務所スタッフも池内議員と一緒に取り組んでいきたいと思います。              

          Jイラスト④ (スタッフ)

 

リンクはご自由にどうぞ。 各ページに掲載の文書・写真などの複製・転載については、必ずご連絡くださるようお願い致します。
© 2015 - 2017 Saori-Ikeuchi Official Website.