わたしのアクション

苫小牧の「春をよぶ女性のつどい」で講演

[Jが報告]

苫小牧つどい⑤苫小牧つどい池内③

 

2016年2月29日(月)

 北海道苫小牧市で28日、「春をよぶ女性のつどい」(主催=同実行委員会、日本共産党苫小牧地区委員会)が開かれ、350人が参加しました。

 日本共産党の池内さおり衆院議員が「戦争はダメ!平和をつくる」と題して講演し、いわぶち友参院比例候補、森つねと参院北海道選挙区候補が決意表明しました。

 自身の入党のきっかけとなった小林多喜二の生き方にふれた池内議員は、多喜二の命日の今月20日に報道された5野党合意について、「合意は戦争法廃止の市民の運動と党の国会論戦が結びついた成果です。衆院道5区補選、参院選で勝利し安倍政権を退陣に追い込むため力を尽くそう」と訴えました。

 いわぶち候補は。道内をまわり実感した党への期待の大きさを紹介。「比例で8議席以上を獲得し、道選挙区でも勝利を勝ち取りたい」と決意を語りました。森候補は「参院選は命と暮らしを守る選挙です。党の躍進で戦争法を廃止させよう」と呼びかけました。

 小野寺幸恵市議は、参院選勝利への支援を訴えました。

(2016年2月29日付しんぶん付赤旗)

リンクはご自由にどうぞ。 各ページに掲載の文書・写真などの複製・転載については、必ずご連絡くださるようお願い致します。
© 2015 - 2017 Saori-Ikeuchi Official Website.