わたしのアクション

性暴力被害者支援を 5党が法案を提出

性暴力被害者支援法案を向大野新治衆院事務総長(中央)に提出する野党議員=12日、国会内

性暴力被害者支援法案を向大野新治衆院事務総長(中央)に提出する野党議員=12日、国会内

 【Jが報告】

  日本共産党、民進党、生活の党、社民党、おおさか維新の会の5党は12日、性暴力被害者支援法案を衆院に共同提出しました。

 法案は、性暴力について「性的な被害を及ぼす暴力その他の言動」と幅広く定義し、▽国や都道府県に対する被害者支援(基本)計画の策定を義務付ける▽全国に27カ所の「ワンストップ支援センター」を少なくとも各県1カ所に設置する▽性暴力被害者支援連絡会議や性暴力被害者支援会議を設置する―などを盛り込んでいます。

 提出後の記者会見で、法案提出者である日本共産党の池内さおり議員は「被害者の人たちに『あなたは悪くない。ひとりじゃない』と伝え、問題を社会にアピールする一歩にしたい」と表明。同じく法案提出者の斉藤和子議員は、性暴力は他の犯罪と違って被害者がどこにも相談できずに自殺に追い込まれる事例があるだけに支援センターの設置が必要だと強調し、法案の早急な実現を求めました。

 民進党の阿部知子議員は「予算を裏付けることが法案の肝だ。与野党を超えて協力したい」と述べました。

(2016年5月13日付しんぶん赤旗 写真提供:しんぶん赤旗)

リンクはご自由にどうぞ。 各ページに掲載の文書・写真などの複製・転載については、必ずご連絡くださるようお願い致します。
© 2015 - 2017 Saori-Ikeuchi Official Website.