わたしのアクション

子どもの貧困で懇談 理解広げる共同を

小島課長(中央)と懇談する(右から)池内、畑野、(1人おいて)木佐木、加藤の各氏=13日、神奈川県庁

小島課長(中央)と懇談する(右から)池内、畑野、(1人おいて)木佐木、加藤の各氏=13日、神奈川県庁

 

Jが報告】

日本共産党の畑野君枝、池内さおり両衆議院議員は13日、子どもの貧困問題に対する神奈川県の取り組みについて県と懇談しました。木佐木忠晶(ただまさ)、加藤なを子両県議が同席しました。

 県側からは、小島厚子ども家庭課長が対応しました。

 小島課長は▽1人親家庭を対象にアンケートを行い、回答した家庭の3割が公共料金を支払えないか滞納したなどの深刻な実態を把握した▽毎年夏に高校生が参加する「ハイスクール議会」につくられた子どもの貧困問題を議論する委員会で、高校生同士が貧困への理解を深め、高校生や県、NPOなどを交えた対策会議やフォーラムなどの開催を県に求めた―ことなどを紹介。

 自治体や国への要望とあわせて、当事者とともに問題への理解を広げる活動に取り組んでいると話しました。

 畑野氏は「高校生と担当者の取り組みに学ぶことが大切だと思います」と指摘。池内氏は、理解を広げようと買う同する高校生の姿に感動したと述べ、「力をあわせて子どもの貧困への理解を広げましょう」と語りました。

(2016年10月19日付しんぶん付赤旗 写真提供:しんぶん赤旗)

リンクはご自由にどうぞ。 各ページに掲載の文書・写真などの複製・転載については、必ずご連絡くださるようお願い致します。
© 2015 - 2017 Saori-Ikeuchi Official Website.